第二言語習得、英語教スピーカーの他の言語(TESOL)の方法論

06/19/2018 13:39
サンドラJivcovici-7/23/12

こんにちはす。 私の名前はサンドラJivcoviciいESLの教師たちのベル大学外国語学部日本語学科教授) また、教育用ビームラインでは昨年(2011年)、先生が感じて仕事など多様なコミュニティの学生の人は私の名前は載っていませんでしたから新しいものを毎日を通じて多様な教室での相互作用します。 のコースの教育など多様な学生を必要として適正かつ効率的に取り入れ、多くの教育手法に関する研究を行なのESL教室で、 これは、教師、適切に対応私たちのレッスンの学生のニーズ、その後、当社の生する最大の利益からその日常の相互作用の両方の教室の教室環境です。 学生を導き出その恩恵にすることをお勧めの英語での開発プログラムするバランスの良いることは言うものの、この潤沢な供給のために学生が開発な会話言語の語も学言語能力です。

時間は、異なる方法論やアプローチしているのESL教室では、失効または有益であり、大部分であり、非効率な手法第二言語習得します。 としてESLの方法論のための第二言語習得してから十年に十数年からでも世紀世紀の新しい研究研究を実施することを目的としたドメインの識別をより良い技術と手法の教育ESLをより効果的に学生から行います。 この目標を念頭に、附属のESLプログラムは構造化された活動は、ミャンマーの温室効果ガス以下の組み合わせは以下のFL(外国語)教授アプローチ:コンテンツの文学に基づく、コミュニケーションです。


最初のアプローチは、コンテンツに基づくアプローチとしても知られている"統合型言語コンテンツを説明します。 この方法が必要であると教員かESL、バイリンガル、または外国語の教員用教材は、学習課題や授業での技術から学術コンテンツ分野の主要車両の開発言語、内容を認知し、かかわり合いの中で生まれます。 その際、第二言語としてよく使われる、語学科目です。 も様々な戦略や技術が使用されているコンテンツを中心とした第二言語習指導など

協調学習(共同作業のための共通の目標は、
タスクベースの学習の最初のコンテキストを提供して学生の学習を通して行う特定業務
全言語のアプローチを統合すべての4技能)、
グラフィック開催(チャート、グラフ、テーブル、スケジュール、Venn図を整理しアイデアから得られた記述や口頭でのレポートします。
第二のアプローチは、文献に基づき、主として用文献のツールとして言語の開発-濃縮します。 文学教育の意味を読み、書く、重要な考える力を養っていきます。 では、よりクリエイティブな手法による学学術型技術です。 を取り扱う場合には多様な人の学生の多文化文学をお勧めの文献を反映したものにすべきである、多様な背景を、日本語を学んでいきます。 ことが重要ということを考慮しておく質文学の豊かな資源を推進する言語習得、言語モデルに役立つリテラシーの開発とともに、語彙や熟知慣用的な表現です。 授業の後このアプローチは、通常行う体験-実践的カリキュラム"三段

前の物語をそのまま解析に用いるタイトルのイラストであるかの物語/書が約),
物語(読み、書)、
ポストア(テキスト分析の概念分析-識別にプロット、キャラクター、問題解決ます。
第三のアプローチの伝達に基づくアプローチを使用するインタラクティブな活動や言語に関与ツールとしての言語を開発します。 このアプローチは学生中心のこのレッスンを構築状況ることは実践的であり、本格的な現実の世界(例:うための情報、苦情、謝罪、就職の面接では、事前にお電話ます。 を重視しっかけを、学習者に有用性と本格的な言語ではなく繰り返し文法パターンとコミュニケーションとその意味ではなく精度です。 がわかったものの方が優先され正しい文法、コミュニケーション能力となり、ご希望の目的、使用言語を適切に異なる社会的状況は、主にこのアプローチします。

もう一つのアプローチによく用いられる型とは最も効果的な初級-中級の学生のTPR(Total Physical Response)アプローチします。 中層の理解を通じて移動体のばせます。 例えば、教師がコマンドをモデリングの活動も同時に行います。 先生は言うかもしれないもの"Stand up!"が、"取鉛筆!"が持ち直してそのシャープペンシル※この商品 のコマンドを繰り返しとそのモデル化を行まで学生た接続とのえることのできる簡単なモデルにしたような気分になるとしています。 この方法の英語教育にも良いと運動感覚の学習者が必要で活躍するクラスとなっておりますので技術を促進するアクティブラーニングは動きません。

これらの取り組みとして同定し、より成功を収め、効果的なアプローチ第二言語習得します。 アクティブラーニングは上記のすべてと会話を紹介は強調した以上の学力をのコンテンツに基づくアプローチされます。 学生が取得する必要があり両方の会話や学力を出すための大きな変化に適応の主流で共通して、学生は会話語の前に学力をやめるように速います。 つまり、学生の会話もしくは"生存語に流暢で、教師として一人の認知や学術面での英語開発します。 とはいえ、最も重要なことしのために提供できる生徒は安全で支える教室環境において、学生を恐れないリスク及び学生の試み言語使用を促し、さらに高めるために、その開発言語学と個人的な成功です。