TOEFL準備英語は学校

06/19/2018 13:44
こんにちはは、私の名前はAylin Bardavit、通称"TOEFLグル"の学校)
あなたの既ESL講師から、ここで2001年に最初に教え始めた時は新たに結婚した2キッズというものがありましたら、愛に満ちあふれた毎分に行くこともできます。 私の研究の究極的な目標は、して孫たちも、さらに教育)

TOEFLは"試験の外国語としての英語"での評価の英語能力の個人に関する最新の技術環境です。 ほとんどの時間で要件の入学のためのネイティブスピーカーのように多くの英語圏の大学です。 また、機関などの政府機関、ライセンス当局、事業者、または奨学金プログラムも参照この試験としてとを条件とします。 TOEFLスコアはマネジメントシステム有効活用とその後の得点の間に報告され特定の学校に配慮し、その候補者の言語能力が絶大な変更日以降の試験です。

ったきっかけとなったのは教員論文-コンピュータTOEFLのは10年前になります。 当時の紙TOEFLのページの読み込み、聞く、書く、構造や文章表現します。 まだまだ使用中の場所ではIBTるためのインターネットベースのテストで、ゆっくり交換の両方のコンピュータ(CBT)と紙(PBT)の試験です。
IBTに導入された2005年の米国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリアとして外国人留学生特別入試の学生IBT、本校には、それ以来ます。

つまり、数字、IBTの"読む-聞く-話す-書きます。 の読書を含む3-4長路学科12-13ごとの質問ができたのです。 各路が完成する20分の追加については、時間の読みます。
が、リスニングセクションからの通路は、3~5分の長さや質問等については、下表の通りです。 二つのテクスト間の対話の学生や教員となっていますグループによっては,学術論します。 の区間は約30-45分に完了します。
はといえば部での課題:二つの独立した、統合的問題を含む読む""聞く""書く""話す"のでは初めてのものであります。 で約20分のといえば。
の記述が含まれ作業で、独立した一つの統合します。 の時間フレームに指定されこのセクションは50分です。

私は、TOEFLで週に三回では、月曜日、火曜日、水曜日、私は、会話、木曜日、金曜日です。 私のTOEFLの授業を用意しました、読む-聞く-話す。 他大師の文書のTOEFLクラス、木曜日、金曜日です。

る授業の効率化や穴あけ、私はすべて三日に実施されます。 私たちは常に開始読みの朝は念頭に、これからもこの人は一般的に眠いとい気分に話しました。 人の心を読みい休んだとき、教室にはかなり静かです。
休憩後、お聞き取りの末に向けて、クラスがなくなっ眠が覚醒アラートをとおしゃべりたいと話します。
しながら読んだことを皆様は、個人、静かし、それを読みました通路はしていただけるようになクラスを可能においてその発音、修正しなければならないます。 また、私はすべての単語はあまりなじみのない説明言葉の一つひとつにして、いくつかの例をシステムが使用されていを理解します。
個々の作業は欠かせを聞きました。 各学生が自分の物を手で丁寧にやりがいを聞きます。 そのチェックすべての答えとは、全学生が機会の答えとしてすべての単語または問題ないのです。 の議論のテキストで、通路には、語彙は常にペアで、グループは全体としてのクラスです。 のといえば部心を念頭に置きながら、これまでの記録はその回答を個別に試験するような同様の試験環境は、各学生が質問に回答していただけるようになり、個別にしてから、時間を聞き、その特定の学り、評価に繋がっているかを調べます。 私は修正しい文法、語彙、発音を最も重要なことは、その組織の回答に基づき、TOEFLます。 の話になっており、あるいはペアワークやグループワーク、言に対し、評価に対してない相手に補正します。

上のすべての演習を通のセッションでは、もう、完全なり、プレゼンテーションのセッションです。 彼らはすべての試験を個別のフレームを正しくスコアを試験終了時には、クラスです。
このスコアを与えて予備的に評価することができます。

知識の語彙も必TOEFL、そのほかの部分をカバーいたし、毎日してリストのTOEFLの語彙を各クラスです。 しまっているものを一つ一つのゲームのようにして定義しま一人ひとりの言葉は、サンプル文章及びその後に学生の作文に対する理解を深めます。 その後のセッションでは、試験知識の語彙と語彙クイズをして見直し、改善を行ないます。

としての材料を用いて非常に良い参考図書、資源図書、音楽Cd、Dvd、オーバーヘッドプロジェクタは、配布資料、記事などを行う学生を送り出すメールです。 当教室では装置の最先端のコンピュータのための各学生は、快適なデスク-座席しくない雰囲気です。

りお待ち申しておりますすべての私のTOEFL。 :)

--
Aylin Bardavit